目は口ほどにものを言う

,

皆さんは、スピーチしている時の自分の癖を知っていますか?

「ついつい腕を組んでしまう」「緊張していて左右に頻繁に揺れている」「調子をとろうとするたびに手を合わせてしまう」「手のやり場が分からず後ろで組んだままになっている」「顔に落ちてくる髪の毛を耳にかける動作を何度もしている」「ネクタイや袖などを知らず知らずのうちに触っている」……など。… 続きを読む

スピーチ後も強い印象を持続させる4つのステップ

,

このコラムで何度か、7秒ー30秒ルールのお話しをしてきました。

スピーチをする際、最初の印象が全体の印象を決める、というものです。始めの7秒で話し手の印象が決まり、30秒で、話の内容が聞くに値するかどうか判断されるのです。それだけのインパクトがあるオープニングは、綿密に戦略的に作りこむ必要があるわけですが、クロージングはどうでしょうか。「始め良ければ終わり良し」ともいわれますが、スピーチ… 続きを読む

「事例紹介」から「コーポレートストーリー」へ

,

パブリックスピーキング界の大御所、Patricia Frippは次のように言っています:

“People resist sales presentation. But nobody can resist a good story…well told.A trivial story well told is much more memorable than a great story poorly told. ”― Pa… 続きを読む

話し手が聞き手と「コネクト」できない10の理由

,

今あなたが、大切な人に電話をかけて大切なメッセージを伝えようとしている、と想像してください。ところが回線が不安定で電話が切れてしまい、何度もかけ直さなければいけなかったとしたらどうでしょう。… 続きを読む

ユーモアとジョークの違い

どんなスピーチでも、第一印象が大切です。最初の7秒でスピーカーの印象が決まり、30秒で、スピーチに興味を持てるかどうか判断されてしまう、という7秒ー30秒ルールについては以前にもこのコラムでお話ししました。… 続きを読む

リハーサル5つの間違い

,

効果的なリハーサルをしていますか?

どんなスピーチであれ、リハーサルが欠かせないことはいうまでもありません。筆者は競技ダンスの選手もしていますが、コーチからよく言われるのは、「本番では、よくても練習の80%くらいにクオリティーが落ちるもの。だから常に本番さながらに練習していないといけない」ということです。スピーチも同様です。しかし、本気度を高めて練習するだけでよいかというとそうでもありません。みなさんは、「正しい」リハーサルを行っ… 続きを読む

インタビュー成功の秘訣

,

海外で通用するパブリックスピーキング、というと、英語を勉強しなければ!と考える人が多いものです。しかし、ノンネイティブである私たちにとって、ネイティブと対等に話せる英語力を養うのは至難の業。一方でパブリックスピーキングは、習得しうる“スキル”です。… 続きを読む

スピーチでトップレベルを目指す人がみんなやっていること

,

今年も国際スピーチコンテストのシーズンが始まっています。筆者は昨年から過去の世界チャンピオンをコーチにつけ、着々と準備を進め、今のところニューヨーク地区で順調に勝ち進んでいます。と同時に、日本地区のあちこちで勝ち進んでいる方々のコーチングをしています。… 続きを読む

ブレイクスルー・メソッド™ 特別体験会

, ,

そのプレゼン、国境を越えられますか?

海外で通用するスピーチ、というと、英語を勉強しなければ!と考える人は多いものです。しかし、ノンネイティブである私たちにとって、ネイティブと対等にはなあせる英語力を養うのは至難の業。一方で、スピーチは、習得しうる“スキル”です。今のあなたの言語力のままで、異文化の人相手でも、格段に伝わりやすく、心に響くスピーチを実現することができるのです。それが、Breakthrough

続きを読む

トランプ大統領就任演説のどこが異例なのかを分析

,

1月20日に、第45代米国大統領となったトランプ氏の就任式がありましたが、その就任スピーチはこれまで聞いたことのないような異例の演説でした。どんな点が異例だったのでしょうか。トランプ新大統領の就任演説をひもといてみましょう。… 続きを読む