スピーチ世界チャンピオンにはやはり共通の秘訣があった

,

去る8月20日にワシントンDCでトーストマスターズの国際スピーチコンテスト世界決勝が行われ、筆者も観戦しにいってきました。今年の優勝者はシンガポール在住で、英語がネイティブではないアジア人男性、ダレン・テイさん。快挙です。2位にはアメリカ、フィラデルフィア在住の黒人男性、アーロン・ビバリーさん、そして3位には、カリフォルニア在住のアジアン・アメリカン女性、ジョセフィーン・リーさんが入賞。なんと3人ともまだ20代という、トーストマスターズ史上、トップ3名の合計年齢が最も若い入賞者トリオとなりました… 続きを読む

米大統領選挙、メラニア・トランプのスピーチは成功だったのか

,

日本では東京都知事選キャンペーンが繰り広げられていましたが、アメリカでは、次期大統領選のキャンペーン真っただ中です。

共和党大会では、皆さんもご存じの通り、メラニア・トランプのスピーチが、2008年のミシェル・オバマのスピーチから一部盗用されていた、として大きな物議をかもしました。

メラニア・トランプは英語のノンネイティブですので、「文化や言葉の壁を越えて心を動かすグローバル・パブリックスピーキング」をコンセプトにしているブレイクスルー・スピーキング™では、彼女がどんなスピーチをするのか、は非常に関… 続きを読む

チームコミュニケーション力を高める即興演習

,

前回に続き、即席スピーチについてお話しします。実は筆者は、しっかりと構成を練って準備したスピーチは得意ですが、即席スピーチは少々苦手意識があります。そこで先日、即席力を鍛えようと思い、ニューヨークでImprovolutionというスクールに体験入学してみました。今回はその様子をお伝えします。

まずは自分自身の枠を取り除く

Improvolutionとは、いわゆる「スピーチ」に限らず、即席で何かを考え、伝えるクリエイティブでイノベーティブな力を身につけることを目的とした様々なクラスを展開しており、講師… 続きを読む

急に話を迫られたら?!――即席スピーチの3つのコツ

,

何かの会合に行ったら急に指名されて、コメントを求められたり、即興でスピーチをすることになり、あたふたしてしまった。そんな経験をしたことはありませんか?

これまでこの連載コラムでは、事前準備ができるプレゼンやスピーチ、を前提にお話ししてきましたが、実際のビジネスの場では、ミーティングや顧客との商談、会食、など、とっさに何かを考えて話さなければならない場面、というのも多々あると思います。とあるアンケート調査によると、「人前で話すことは死ぬよりも怖い、と思っている人が少なくない」という結果が出ていますが… 続きを読む

「言葉の文化」と「察しの文化」の違いが招く誤解

,

ある在米日系グローバル企業で、アメリカ人部下が日本人上司に対してある提案を行ったところ、日本人上司は「That’s difficult(それは難しい)」と伝えました。さて、1週間後、何が起こったでしょうか。

却下なのか見込みありなのかが伝わらないコニュニケーション

日本人なら、「それはちょっと難しいですね……」などと言われたら、「そうか、ダメなんだな」と理解して諦めたり引き下がったりすることでしょう。しかし日本に住んだこともなければ日系企業で働くことも初めてだったアメリカ人部下は、1週間後、自分の提案… 続きを読む

人が共感するのは成功話か失敗談か――ストーリーに必要な4つのF

,

過去にあなたがとても共感したストーリーを思い出してみてください。TEDのスピーチ、スティーブ・ジョブズなど各界の著名人のスピーチ、あるいは身近な人が行ったプレゼンや、お気に入りの映画でも構いません。どんなストーリーの流れだったでしょうか。

成功の裏には必ず失敗や苦悩がある

例えば、Facebookなどでも大変話題になった、植松努さんのTEDのスピーチ。植松さんは、マグネットという低電圧電磁石システムを設計・製作・販売する民間の小さな会社を経営する傍ら、ご自身の夢であったロケット開発にも、会社として全… 続きを読む

スピーチのネタを見つける2種類のアプローチ

,

今年もまた、国際スピーチコンテストのシーズンがやってきました。

2013年から毎年出場していますが、実は今年は迷いに迷い、3種類の全く異なるスピーチ原稿を書いてしまい、第一ラウンド直前までどれにするか迷ってしまいました。筆者自身は、なかなか決められず非常に困っていたのですが、友人からは「どうやったらそんなにスピーチのネタが次々と出てくるのか?」と感心されてしまいました。

そこで今回はネタ探し、について書いてみようと思います。これは何も、スピーチコンテストに限らず、ビジネス上のプレゼンにも共通するコツ… 続きを読む

優れたプレゼンテーターは想像を絶するほどの練習をこなす

,

A Happy New Year!

昨年の新年号では、「Will Do List」のお話しをしていました。Will Do List とは、New Year’s Resolutionとして、「今年は必ずこれをやります」、「今年の終わりにはこれができています」という覚悟表明、という意図をこめた、「やることリスト」です。私は、今年達成したい目標に優先順位をつけたものを書き出し、机のいつも見える位置に貼っています。

比較的簡単に実現できそうなものから、かなり非現実的だけれどもぜひかなえたい、というものまでいろいろな… 続きを読む

ストーリー構築の9つのCを実際のスピーチから探してみよう:クライマックス編

,

前回は筆者が今年の6月に登壇した、TEDxWasedaUのスピーチ、“Living in the YES”を取り上げ、五感に響くストーリーを構築するための「9つのC」が実際にスピーチの中にどのように組み込まれているか、解説しました。前回、一つ目のストーリーを解説しましたので、今回はクライマックスを迎える二つ目のストーリーの解説です。

一つ目のストーリーは、留学時の苦労話を挙げ、自分自身に「So What?(だから何なんだ?!)」と問いかけながらネガティブ思考をポジティブ思考に変えることで、能力向上に繋がっ… 続きを読む

ストーリー構築の9つのCを実際のスピーチから探してみよう

,

前回は、スピーチの要であるストーリーを、五感に響くドラマに仕立て上げるために必要な、三幕構成と「9つのC」について解説しました。今回は具体的に、実際のスピーチを取り上げて、この三幕構成と「9つのC」がどのように組み込まれているか、解説してみたいと思います。

筆者が今年の6月に登壇した、TEDxWasedaUのスピーチを取り上げてみましょう。

「Living in the YES」と題したこのスピーチは、ネガティブ思考からポジティブ思考に転換することで、自分自身の限界を超え、更には不可能と思われることも現実… 続きを読む