スピーチ後も強い印象を持続させる4つのステップ

,

このコラムで何度か、7秒ー30秒ルールのお話しをしてきました。

スピーチをする際、最初の印象が全体の印象を決める、というものです。始めの7秒で話し手の印象が決まり、30秒で、話の内容が聞くに値するかどうか判断されるのです。それだけのインパクトがあるオープニングは、綿密に戦略的に作りこむ必要があるわけですが、クロージングはどうでしょうか。「始め良ければ終わり良し」ともいわれますが、スピーチにおいては当てはまりません。

「リーセンシー効果」をご存じでしょうか。普段は広告に関して使われるコンセプトで、「直… 続きを読む

「事例紹介」から「コーポレートストーリー」へ

,

パブリックスピーキング界の大御所、Patricia Frippは次のように言っています:

“People resist sales presentation. But nobody can resist a good story…well told.A trivial story well told is much more memorable than a great story poorly told. ”― Patricia Fripp

「TEDとか、モチベーショナルな性質のスピーチならよいだろうが、ビジネスの場では、ストーリーテリングは目的にそぐわ… 続きを読む

話し手が聞き手と「コネクト」できない10の理由

,

今あなたが、大切な人に電話をかけて大切なメッセージを伝えようとしている、と想像してください。ところが回線が不安定で電話が切れてしまい、何度もかけ直さなければいけなかったとしたらどうでしょう。

スピーチに置き換えてみましょう。世界一素晴らしい話の内容だったとしても、聞き手と心をつなぐこと(=コネクト)ができなければ、すべて台無しになってしまいます。でも、ちょっとしたコツを知り、ちょっと手直しするだけで、コネクションはぐんと深まります。

今回は、話し手が聞き手とコネクトできない原因とそれを回避する10の… 続きを読む

ユーモアとジョークの違い

どんなスピーチでも、第一印象が大切です。最初の7秒でスピーカーの印象が決まり、30秒で、スピーチに興味を持てるかどうか判断されてしまう、という7秒ー30秒ルールについては以前にもこのコラムでお話ししました。

ブレイクスルー・スピーキング(http://www.btspeaking.com)
では、受講者の皆さんに「オープニング7つの手法」を学んでいただいていますが、時折、こうおっしゃる方がいらっしゃいます。
「最初にジョークを交えて話すとアイスブレイクになっていいんだよね」。

そうでしょうか? 実はここ… 続きを読む

リハーサル5つの間違い

,

効果的なリハーサルをしていますか?

どんなスピーチであれ、リハーサルが欠かせないことはいうまでもありません。筆者は競技ダンスの選手もしていますが、コーチからよく言われるのは、「本番では、よくても練習の80%くらいにクオリティーが落ちるもの。だから常に本番さながらに練習していないといけない」ということです。スピーチも同様です。しかし、本気度を高めて練習するだけでよいかというとそうでもありません。みなさんは、「正しい」リハーサルを行っているでしょうか?

今回は、リハーサルによく見られる5つの間違いをご紹… 続きを読む

インタビュー成功の秘訣

,

海外で通用するパブリックスピーキング、というと、英語を勉強しなければ!と考える人が多いものです。しかし、ノンネイティブである私たちにとって、ネイティブと対等に話せる英語力を養うのは至難の業。一方でパブリックスピーキングは、習得しうる“スキル”です。… 続きを読む

スピーチでトップレベルを目指す人がみんなやっていること

,

今年も国際スピーチコンテストのシーズンが始まっています。筆者は昨年から過去の世界チャンピオンをコーチにつけ、着々と準備を進め、今のところニューヨーク地区で順調に勝ち進んでいます。と同時に、日本地区のあちこちで勝ち進んでいる方々のコーチングをしています。

みなさん勝ち進んでいる方々なので、元々のレベルも高く、戦略コンサルタントで分析好きな筆者にとってはコーチ冥利に尽き、受講者の方々の原稿やスピーチ映像を見ながら、一気に分析を深め、アイデアを広げ、どんなふうに受講者のベストを引き出していこうか考えを巡… 続きを読む

トランプ大統領就任演説のどこが異例なのかを分析

,

1月20日に、第45代米国大統領となったトランプ氏の就任式がありましたが、その就任スピーチはこれまで聞いたことのないような異例の演説でした。どんな点が異例だったのでしょうか。トランプ新大統領の就任演説をひもといてみましょう。

異例の言葉の選択

ワシントンポスト紙によると、トランプ新大統領は、大統領就任演説史上初めて下記のような単語を使用したとのことです。その多くは否定的・攻撃的・人種差別的なものでした:

Bleed(出欠する)、carnage(殺りく)、depletion(枯渇)、disrepair(… 続きを読む

パブリックスピーキングは相手を説得するセールス活動である

,

すべての仕事はセールスである

「セールス」または「営業」と聞くと、ある特定の人たちの仕事だと思われることでしょう。現に、営業部門、セールス部隊など、営業の専門分野が職業カテゴリーとしてあるくらいですから、もしあなたの仕事が人事関連だったら、自分はセールスパーソンだとは決して認識しないことでしょう。しかし、実はすべての人の仕事には「セールス」が含まれているのです。

あなたの職業が何であれ、仕事をする上で、チームメンバーや上司、部下、顧客、パートナー、プレス、株主……などなど、様々な状況で様々な人たちに… 続きを読む