文化や言葉の壁を越えて人々を魅了する
グローバル・パブリックスピーキング

共感を集める真のリーダーに必要なスピーチの要素とは

,

2月は、冬季オリンピック、そして、アメリカ最大のスポーツイベント、スーパーボウルがあり、スポーツ観戦ざんまいの1カ月でした。

スポーツにつきものなのが、インタビュー。今回は、スーパーボウルで印象に残ったスピーチについてお話ししたいと思います。… 続きを読む

目は口ほどにものを言う

,

皆さんは、スピーチしている時の自分の癖を知っていますか?

「ついつい腕を組んでしまう」「緊張していて左右に頻繁に揺れている」「調子をとろうとするたびに手を合わせてしまう」「手のやり場が分からず後ろで組んだままになっている」「顔に落ちてくる髪の毛を耳にかける動作を何度もしている」「ネクタイや袖などを知らず知らずのうちに触っている」……など。… 続きを読む

スピーチ後も強い印象を持続させる4つのステップ

,

このコラムで何度か、7秒ー30秒ルールのお話しをしてきました。

スピーチをする際、最初の印象が全体の印象を決める、というものです。始めの7秒で話し手の印象が決まり、30秒で、話の内容が聞くに値するかどうか判断されるのです。それだけのインパクトがあるオープニングは、綿密に戦略的に作りこむ必要があるわけですが、クロージングはどうでしょうか。「始め良ければ終わり良し」ともいわれますが、スピーチにおいては当てはまりません。

「リーセンシー効果」をご存じでしょうか。普段は広告に関して使われるコンセプトで、「直… 続きを読む

「事例紹介」から「コーポレートストーリー」へ

,

パブリックスピーキング界の大御所、Patricia Frippは次のように言っています:

“People resist sales presentation. But nobody can resist a good story…well told.A trivial story well told is much more memorable than a great story poorly told. ”― Patricia Fripp

「TEDとか、モチベーショナルな性質のスピーチならよいだろうが、ビジネスの場では、ストーリーテリングは目的にそぐわ… 続きを読む

話し手が聞き手と「コネクト」できない10の理由

,

今あなたが、大切な人に電話をかけて大切なメッセージを伝えようとしている、と想像してください。ところが回線が不安定で電話が切れてしまい、何度もかけ直さなければいけなかったとしたらどうでしょう。

スピーチに置き換えてみましょう。世界一素晴らしい話の内容だったとしても、聞き手と心をつなぐこと(=コネクト)ができなければ、すべて台無しになってしまいます。でも、ちょっとしたコツを知り、ちょっと手直しするだけで、コネクションはぐんと深まります。

今回は、話し手が聞き手とコネクトできない原因とそれを回避する10の… 続きを読む