文化や言葉の壁を越えて人々を魅了する
グローバル・パブリックスピーキング

リハーサル5つの間違い

,

効果的なリハーサルをしていますか?

どんなスピーチであれ、リハーサルが欠かせないことはいうまでもありません。筆者は競技ダンスの選手もしていますが、コーチからよく言われるのは、「本番では、よくても練習の80%くらいにクオリティーが落ちるもの。だから常に本番さながらに練習していないといけない」ということです。スピーチも同様です。しかし、本気度を高めて練習するだけでよいかというとそうでもありません。みなさんは、「正しい」リハーサルを行っているでしょうか?

今回は、リハーサルによく見られる5つの間違いをご紹… 続きを読む

インタビュー成功の秘訣

,

海外で通用するパブリックスピーキング、というと、英語を勉強しなければ!と考える人が多いものです。しかし、ノンネイティブである私たちにとって、ネイティブと対等に話せる英語力を養うのは至難の業。一方でパブリックスピーキングは、習得しうる“スキル”です。… 続きを読む

スピーチでトップレベルを目指す人がみんなやっていること

,

今年も国際スピーチコンテストのシーズンが始まっています。筆者は昨年から過去の世界チャンピオンをコーチにつけ、着々と準備を進め、今のところニューヨーク地区で順調に勝ち進んでいます。と同時に、日本地区のあちこちで勝ち進んでいる方々のコーチングをしています。

みなさん勝ち進んでいる方々なので、元々のレベルも高く、戦略コンサルタントで分析好きな筆者にとってはコーチ冥利に尽き、受講者の方々の原稿やスピーチ映像を見ながら、一気に分析を深め、アイデアを広げ、どんなふうに受講者のベストを引き出していこうか考えを巡… 続きを読む

トランプ大統領就任演説のどこが異例なのかを分析

,

1月20日に、第45代米国大統領となったトランプ氏の就任式がありましたが、その就任スピーチはこれまで聞いたことのないような異例の演説でした。どんな点が異例だったのでしょうか。トランプ新大統領の就任演説をひもといてみましょう。

異例の言葉の選択

ワシントンポスト紙によると、トランプ新大統領は、大統領就任演説史上初めて下記のような単語を使用したとのことです。その多くは否定的・攻撃的・人種差別的なものでした:

Bleed(出欠する)、carnage(殺りく)、depletion(枯渇)、disrepair(… 続きを読む